東京の夏 音楽祭の軌跡! 平凡の友



東京の夏 音楽祭の軌跡!

東京の夏 音楽祭の軌跡!

大変申し訳ございません。
「第2巻★ヴィーナのヴィルトゥオーゾ〜チッティ・バーブ/チッティ・バーブ」以外は完売しました。

東京の夏 音楽祭の軌跡!

〈東京の夏〉音楽祭20周年記念DVD (全13タイトル)

 ‘85年、故・石井真木、江戸京子、船山隆氏らの発案により開催された〈東京の夏〉
音楽祭は、民族音楽のコンサートがクラッシックのコンサートと肩を並べ企画、 そのユニークな内容、運営により評価され昨年の第20回の記念講演まで、継続されてきました。

 このDVDは昨年までの演奏会のなかより選ばれた主要な民族音楽パフォーマンスの映像13タイトルです。

1★マンダラ〜チベット聲明と日本の聲明/眞言宗豊山派僧侶とゾンカル・チュデ僧院

古代インドのシャブダ・ヴィディヤに始まる聲明は、哲学的にも音楽的にもきわめてエキサイティング。
特に世界が注目する在インド、ゾンカル・チュデの聲明は人間の声の極限にまであらわす。
また後半はケージの作品を通じて伝統と現代の接点をさぐる新しい声のパフォーマンス。

咒立?願法曾
護法尊礼讃法曾
ジョン・ケージ「龍安寺」―聲明の声による
眞言宗豊山派僧侶
ゾンカル・チュデ僧院
新井弘順、海老原広伸、孤島由正(声)
山口恭範(打楽器)

●[本編・101分]
(第7回〈東京の夏〉音楽祭1991 7月24日、草月ホールにて収録)

 
数量

2★ヴィーナのヴィルトゥオーゾ〜チッティ・バーブ/チッティ・バーブ

最高のヴィーナ奏者故チッティ・バーブと南インド音楽界の精鋭たちによる南インド古典・カルナータカ音楽の粋。

クリティ「ヴァータービ・ガナパティ(ティルヴァールール近辺にある、象の頭をもった神16神のうちの1神)」/クリティ「あなた(ラーマ神)はどこにいるのですか」/クリティ「他の誰が頼りになると言うのでしょう、母なる神よ」/クリティ「あなた(ラーマ神)は全ての道のりを歩いてきたのですか」/クリティ「太陽神の末裔の一族」/ラガーム・ターナム・パラッヴィ/アシュタパティ「クリシュナ神はブッダに姿をかえて。勝利あれ、最高神、ハリよ」/パーカッション・ソロ/ティッラーナー/イェンキ・パータル「格好の歌」/ヴェーダ朗誦―世界の平和と調和への祈り―

チッティ・バーブ(ヴィーナ)/ヴィーラヴァドラ・ラオ(ムリダンガム)
K.ナーラーヤナスワーミ(ガダム)/C.ランガ・シャーイー(タンブーラ)

[本編・117分]
(第9回〈東京の夏〉音楽祭1993 7月14日、草月ホールにて収録)


※販売価格は税込価格です。


3★ヴェトナム古都フエの雅楽(ニャーニャック)/フエ・ヴェトナム伝統芸術団

度々の戦火をくぐって伝えられてきたヴェトナム・フエの宮廷音楽「雅楽(ニャーニャック)」。古典を中心に、知られざるヴェトナムの伝統音楽の現在を紹介する。

大楽合奏〈三輪九轉〉/フエ民謡〈山道の歌〉〈黒馬の歌〉/宮廷舞踊〈三精(福・禄・寿)の祝い〉/チョン(太鼓)、ケン(複簧笛)の二重奏/剣舞〈女将出軍〉/ダンニー(胡弓)独奏「若者と娘」/宮廷舞踊〈麒麟の舞〉〜麟母出麟児、出産/大楽合奏〈戦いの喇叭〉〈南平〉/フエ民謡〈相聞歌〉/宮廷舞踊〈双鳳の舞〉/竹笛独奏〈南を懐かしむ歌〉/フエ民謡〈米つきの歌〉/ダンバウ(一弦琴)独奏〈行雲〉/小楽合奏メドレー〈流水〉〈金錢〉〈春風〉〈龍虎〉/宮廷舞踊〈花燈の舞〉

フエ・ヴェトナム伝統芸術団

●[本編・83分]
(第10回〈東京の夏〉音楽祭1994 7月23日、草月ホールにて収録)

 
数量

4★語る神々〜韓国のムーダン/東海岸豊漁祭別神祭保存会

魂を揺さぶる響き―神と人とをつなぐ巫儀集団(シャーマン)が繰り広げる別神祭(ビョルシンクッ)!韓国東海岸地方の別神祭は、神の降臨を迎えて豊作と豊漁を祈るにぎやかな祭りで、ムーダンと呼ばれる世襲的な巫儀集団が司る。

門クッ/不浄クッ/城隍堂マジ/釈迦世尊クッ/先祖クッ/後餞クッ/胡笛散調(金 石出[人間文化財])/サムルノリ/祝舞

東海岸豊漁祭別神祭保存会(金 石出[人間文化財]他)

●[本編・97分]
(第13回〈東京の夏〉音楽祭1997 7月23日、草月ホールにて収録)

 
数量

5★ハーレィ=ガーディの一千年/ヴィエリスティック・オーケストラ

教会にオルガンが出現する以前は、オルガニストロムと呼ばれ教会や僧院で活躍し、やがて吟遊詩人がシンフォニアという名前で使い、さらには辻音楽師たちの楽器となったハーディ=ガーディの千年を超える歴史を解き明かす。

東方組曲/イザベッラ/ブルゴーニュの4つのブランル集/バロック組曲:パッサカリア/バロック組曲:アントレ/バロック組曲:プレリュード、陽気なエール、ジグ/モーツァルト:アダージョ、メヌエット/バルトーク:バッグパイプは響く、ハンガリーの唄、蚊の踊り/バルトーク:あなたに会わなかったならば/バルト−ク:ブルガリアのリズム/ウィレム・ブロイカー:ワークソング、ミニマル/吉田進:自然と永遠について(1995)/パスカル・ルフーヴル:土曜の朝より「フェスタ」/マルク・ドポン:フラカソン/パスカル・ルフーヴル:蝉の襲撃/パスカル・ルフーヴル:土曜の朝より「トリオレ・ド・ボワ」

ヴィエリスティック・オーケストラ

●[本編・89分]
(第15回〈東京の夏〉音楽祭1999 7月10日、武蔵野市民文化会館小ホールにて収録)

 
数量

6★祝宴を彩る声〜バリのチャクプン/チャクプン・ブダ・クリン

“口ガムラン”とも呼ばれるチャクプンは、複雑な器楽の音型を模する見事なアンサンブル。
滑稽な表情と手踊りを交え、面白おかしく掛け合う究極の宴会芸能!

シノム・プンガクサマ/シノム・プムンカ/シノム・ウンバラ/シノム・パトラ/スリユン/クマンバン・ジュロボン・アリット/クマンバン・ソラグ・ジュクン/クマンバン・カチャン・アブット/スマランダナ・ジュロボン・アグン/スマランダナ・クプクプ

チャプクン・ブダ・クリン(バリ島ブダ・クリン村)

●[本編・83分]
(第15回〈東京の夏〉音楽祭1999 7月21日、22日、青山円形劇場にて収録)

 
数量

7★魂の声〜パンソリとシナウィ / 安 淑善

ひとりの歌唱者とひとりの太鼓伴奏による語り物音楽パンソリの第一人者、
安淑善と韓国国楽院の名手たち。
当代最高の演者たちが「声」をテーマに韓国伝統芸能を披露。

口音シナウィ/玄琴散調(申快童流)/伽?琴併唱:短歌『湖南歌』/伽?琴
併唱:『興甫歌』より「燕路程記」/南道民謡:「六字べぎ」/南道民謡:「珍島
アリラン」/パンソリ:『春香歌』(安淑善唱本ハイライト)

安淑善(パンソリ、伽?琴)、金清満(枝鼓、プク)、李世煥(玄琴)
元長賢(大?)、李太白(牙箏)、安玉善(伽?琴)、崔永薫(銅鑼)

 
数量

8★イスラーム祈りの声〜コーラン朗誦と神秘主義の旋回舞踊/キャーニ・カラジャ

イスラームの聖典コーラン。
そのアラビア語の美しさは、唱えられる時まさに神力を発揮する!
今は無きトルコ随一のコーラン朗誦家カラジャが祈りの声をモスクに響かせる。

コーラン朗誦第55章「お情けぶかい御神」より/ナート・メヴラーナ/ネイ・タクシム/アジェムアシラン旋法のペシュレヴィ/ケメンチェ・タクシム/アジェムアシラン旋法アーイン:第1のセラーム/アジェムアシラン旋法アーイン:第2のセラーム/アジェムアシラン旋法アーイン:第3のセラーム/アジェムアシラン旋法:第4のセラーム/アジェムアシラン旋法アーイン:最後のペシュレヴィ/アジェムアシラン旋法アーイン:最後の速いセマーイ/ケメンチェ・タクシム/コーラン朗誦/ウード・タクシム/ヒュッザム旋法のペシュレヴィ/ベステ「月のように美しい君よ」/重々しいセマーイ「君のまなざしに」/カーヌーン・タクシム/他

キャーニ・カラジャ(コーラン朗誦)、トルコ古典音楽アンサンブル

●[本編・129分]
(第17回〈東京の夏〉音楽祭2001 7月27日、浜離宮朝日ホール、
7月28日、東京ジャーミィ文化センターにて収録)

 
数量

9★イランの古典音楽の粋〜ホセイン・アリーザーデ/ホセイン・アリーザーデ

「詩を歌う」こと―それは詩を高い芸術として尊ぶイラン音楽の重要な部分。
洗練された声の芸術が、器楽と一体となって生み出す豊かな表情は、イラン音楽最大の醍醐味。
イラン音楽の至宝ホセイン・アリーザーデの初来日パフォーマンス。

タールとトンバクによる即興演奏/バヤーテ・エスファハーン旋法によるセタール、ダーイェレの即興演奏/鳥たち/かの麗しの恋人に/蝶になれ/チャハールガー旋法による即興演奏

ホセイン・アリーザーデ(タール、セタール)
マジード・ハラジ(トンバク、ダーイェレ、ザンゲ・サルアンゴシュト)
ホマー・ニークナーム(歌)

●[本編・93分]
(第18回〈東京の夏〉音楽祭2002 7月21日、浜離宮朝日ホールにて収録)

 
数量

10★〈マダガスカルの超絶ギタリスト〉デ・ガリとバラ族の治癒儀礼

マダガスカルに残された苦悩するブルース!
手作りギターによる伝統音楽と
超絶のフィンガー・ピッキング!

怠け者の女/メディガーナ/帰りたい/ラネーニ/メメーティ/リンゴ/人の女房に手を出すな/つながれた母牛/ヴァラゲーブ/水でいっぱい/自由なグフ/少女/ムバチュあなたの楽しみ/解き放たれた草/朝の会話/そう言うこと/激しい争い/幸あれ

デ・ガリ、グザヴィエ=マーシャル・フランソワ、
バラ族:アナタブ村の音楽家たち

●[本編・108分]
(第19回〈東京の夏〉音楽祭2003 7月9日、草月ホールにて収録)

 
数量

11★〈北インドの古典声楽〉グンデーチャー・ブラザーズのドゥルパド/グンデーチャー・ブラザーズ

消えつつある伝統を受け継ぐ者達。
声に宿る呪力と神々への賛歌。

ラーガ・ミヤーン・マルハール/ラーガ・メーグ・マルハール/ラーガ・シヴァランジャニー/ラーガ・マールカウンテス/ラーガ・アダーナー
グンデーチャー・ブラザーズ

●[本編・117分]
(第19回〈東京の夏〉音楽祭2003 7月16日、浜離宮朝日ホールにて収録)

 
数量

12★〈アフロ・ブラジルの宗教儀礼〉カンドンブレ

アフロ・ブラジリアン音楽の源泉
〜舞い降りた神々との「対話」。
驚異のパーカッションとともに綴られる神話の世界!

ナッソン・ケットゥ/ナッソン・アンゴラ/ナッソン・カボクロ

モニカ・ミレット(司祭)
グルーポ・アシェ・ド・ブラジル

●[本編・112分]
(第19回〈東京の夏〉音楽祭2003 7月19、20日、草月ホールにて収録)

 
数量

13★イスラーム神秘主義の音楽、カッワーリーの神髄/メヘル・アリー&シェール・アリー

アラビア語の「カウル(話すこと)」に由来し、
元来イスラーム神秘主義(スーフィズム)の宗教儀礼で歌われているカッワーリー。
スーフィー聖者の命日祭「ウルス」の式次第での公演を再現。
当代最高のカッワールたちが迫真の歌唱を披露。
参会者を法悦の境地へと導く。

キラート:「クル」で始まるクルアーン四章の朗誦/ナアト:預言者ムハンマド讃歌/ペーシュカル:聖者の入場儀曲/メヘフィレ・サマー[音楽を聴く会](カウル[聖句]:マヌ・クントー・モウラー/カーフィー[神秘詩]:少女よ、私のこの糸車は何にも増して大事なもの/カーフィー[神秘詩]:あの人が我が家を訪ねてくれたのだから/ラング[歓喜の歌]/ダンマール[恍惚舞踏]:シャハバーズ・カランダル)/他

ピール・ハージャ・グラーム・クトゥブッディーン・ファリーディー(司祭)
メヘル・アリー&シェール・アリーのアンサンブル
ファイブ・スター・ミュージカル・グループ

●[本編・118分]
(第20回〈東京の夏〉音楽祭2004 7月24日、世田谷パブリックシアターにて収録)

 
数量

大変申し訳ございません。
「第2巻★ヴィーナのヴィルトゥオーゾ〜チッティ・バーブ/チッティ・バーブ」以外は完売しました。