アジア・太平洋の楽器 VHS全3巻 平凡の友



アジア・太平洋の楽器 VHS全3巻

アジア・太平洋の楽器 VHS全3巻

アジア・太平洋の楽器 VHS全3巻

映像でみるアジア・太平洋の貴重な音楽文化遺産。
Musical Instruments of Asia and Pacific

監修:藤井知昭(国立民族学博物館名誉教授/中部高等学術研究所副所長)
    小柴はるみ(東海大学教授)
企画・編集:アジア・太平洋地域音楽教材共同制作事業専門家会議

■アジア・太平洋地域の民族楽器を紹介した映像教材の決定版。
■VOL.1は18ヶ国、VOL.2は16ヶ国、VOL.3は17ヶ国、合計51種類の楽器を弦、管、打楽器の3パートに構成。
■各楽器の立体的な理解に役立つよう、演奏場面はもちろん、楽器の製造過程も紹介。
■各国の音楽専門家による楽器とその音楽の特徴を詳細に説明した解説書(各巻100ページ)つき。
■公共機関での上映・館内視聴・館外貸出しいずれも可。

VOL.1[VHS]110分


※販売価格は税込価格です。


VOL.2[VHS]102分


※販売価格は税込価格です。


VOL.3[VHS]116分

申し訳ございません。この商品完売しました。
※VOL.1 と VOL.2は、在庫がございます。
在庫完売は、VOL.3[VHS]のみです。

 
数量

(各巻豪華カートンボックス入り、別冊解説書付)




★VOL.1 アジア・太平洋の楽器1★

【弦楽器】

バングラデシュ BANGLADESH 【ドターラ DOTARA】
4弦のリュート属の撥弦楽器でバングラデシュでもっとも人気の高い楽器の一つである。
ココナッツの殻で作ったつめ(ピック)を用い演奏する。
演奏者名:ASHUTOSH SHIL/MD.SABDAR MIR 曲目:FOLK MUSIC

ネパール NEPAL 【トゥングナ TUNGNA】
ネパールの山岳地域のタマン族の楽器で、3弦のリュート属の撥弦楽器である。
ダンプと呼ばれるドラムとともに演奏されている。
演奏者名:SHISHIR MAN SHRESTHA 曲目:DAMPHE

マレーシア MALAYSIA 【ルバブ REBAB】
3弦からなるリュート属の弓奏楽器である。シャーマニズムのひとつである伝統的な治療儀式の時または収穫祭の時に演奏される。
演奏者名:HARUN BIN DERAHMAN 曲目:CAMPAK BUNGA

韓国 REPUBLIC OF KOREA 【コムンゴ KOMUNGO】
6弦のツィター属の撥弦楽器である。竹の棒を用いて演奏する。散調の曲とともに技法や製造工程を紹介している。
演奏者名:李 在花 曲目:SANJO

モンゴル MONGOLIA 【シュダルガ SHUDARGA】
3弦のリュート属の撥弦楽器でこの3弦はそれぞれ、過去、現在、未来を表していると言われている。
竹でつくられた棒を用いて演奏する。ビデオではシュダルガ独特の技法も紹介されている。日本の三味線の親戚にあたる楽器である。
演奏者名:L.OYUNCHIMEG

インド INDIA 【サーランギー SARANGI】
3弦からなるリュート属の弓奏楽器である。民俗音楽のサーランギーとサブリカ・カーン氏による古典音楽のサーランギーの演奏が紹介されている。
演奏者名:SABRI KHAN 曲目:FOLK MUSIC

日本 JAPAN 【コト KOTO】
13弦のツィター属の撥弦楽器である。桐の木を材料に製作する工程が紹介されている。
また、古典曲「乱れ(輪舌)」とともにその技法も見られる。
演奏者名:川口悦子 曲目:MIDARE

【管楽器】

中国 CHINA 【シュン XUN】
土製オカリナで中国の古代楽器を復元した楽器である。
演奏者名:CAO JIANGUO 曲目:SU WU MU YANG

スリランカ SRILANKA 【ホラネー HORANE】
オーボエ属の縦笛。ホラネーは宗教的儀式の時、たとえばお葬式やお祭りのときに演奏される。
ビデオは、ホラネーの構造がわかりやすく説明されている。また、太鼓、ダブラ(Davula)、タンメッタ(Tammeta)とともに踊りながら演奏されている。
演奏者名:S.L.H.FERNANDO 曲目:FOLK MUSIC

ラオス LAO P.D.R. 【ケーン KHENE】
笙の一種。竹を乾燥させ、燻す工程を経て製作される。一本一本チューニングして音を整えていく。ラオスの民俗音楽を演奏。
演奏者名:SENE PHILAVONG 曲目:TRADITIONAL INSTRUMENTAL MUSIC

パキスタン PAKISTAN 【バンスリ BANSARI】
竹で作られた6穴の笛。パキスタンの有名なバンスリ演奏者アリフ・ジャフリ氏が演奏している。
演奏者名:ARIF JAFFERY 曲目:FOLK TUNES OF PAKISTAN

【打楽器】

インドネシア INDONESIA 【ボンクル BONGKEL】
竹筒の打楽器。ボンクルはジャワ島のパニュマス地域の伝統的楽器である。ビデオでは竹を材料として製作する工程やチューニングの場面も出てくる。
ボンクル演奏者カスミディにより演奏されている。
演奏者名:KASMIDI 曲目:BAKUL,BONGKREK

イラン IRAN 【トンバク TOMBAK】
花杯型の片面太鼓。イランで最も古い楽器のひとつでイラン各地でみることができる。
ビデオではトンバクのソロとアンサンブル、オーケストラの演奏が紹介されている。
演奏者名:MOHAMMAD ESMAEELI ,MALHIE SAEEDI ,SIYAMAK BANAI
曲名:CHAHARMEZRAB FANTASIA

フィリピン PHILIPPINES 【タグンガン TAGUNGGUAN】
コブ付きゴングのセット。タグンガンはミンダナオ島に住むマノボ族のゴングである。
ゴングは10個より形成されており、それぞれピッチがちがう。ビデオではモンキーダンスとともに紹介している。
演奏者名:MANUEL 曲目:UBA KASA SAYAW (MONKEY DANCE)

ベトナム VIET NAM 【チン&チェン CHINH and CHENG】
ゴングセット。ベトナムの中央高山地帯にあるダックラック地方に住むジャライ族の楽器である。
チンは平らなゴング、チェンはコブ付きゴングである。
ベトナムの神話の英雄である“Djong Djwach”をたたえる歌とともにいくつものチンとチェンが演奏されている。
演奏者名:GORUP “CHINH CHING” 曲目:OH ! DJONG ,DJWACH !

パプアニューギニア PAPUA NEW GUINEA 【セデ SEDE】
竹筒の打楽器。乾燥させた竹で作られており、木の棒で叩くことにより音をだす。
パプア・ニューギニアの先住民族のモツ族の楽器である。
演奏者名:BOGEBADA CULTURAL GROUP 曲目:HEHONA SONG

モルディブ MALDIYES 【ボド・ブル BODU BERU】
円胴の両面太鼓。ヤシの木をくりぬいて、両面に山羊の皮を張り製作している様子が紹介されている。
演奏者名:DHIVEHI SAMAA 曲目:MAA EY CHAANDHANEE

タイ THAILAND 【コン・ウォン・ヤイ KHONG WONG YAI】
コブ付きゴングのセット。演奏者の周りを円く取り囲んでゴングをセットする。
ビデオでは、ゴングの材料となる合金を溶かし、火で熱したハンマーで形を整えていく伝統的な手法での製造工程が紹介されている。
演奏者名:NIKORN CHANTASORN 曲目:GRAWNAI



★VOL.2 アジア・太平洋の楽器2★

【弦楽器】

インドネシア INDONESIA 【ササンド SASANDO】
ティモール島および周辺地域に見られる伝統的楽器。
竹と木で作られた円筒形の共鳴器の周囲に弦が留められ、さらにパルミラヤシの葉で作られた共鳴具がついている。
村などの行事には欠かせない楽器となっている。
演奏者名:Jaremia A Pah,Alex A Pah 曲目:See Buak

イラン IRAN 【タール TAR】
Tarとは弦を意味し、本来は5弦の楽器だったが、現在では6弦の楽器としてしられている。
胴体が8の字の形をしている、イランの伝統的音楽には欠かすことのできない弦楽器。
演奏者名:Hossein Alizadeh 曲目:Hegran

バングラデシュ BANGLADESH 【サリンダ SARINDA】
縦60cm、幅20cmで、ジャックフルーツなどの木から作られる。3本の弦を持ち、馬の尾毛の弓で演奏する。
演奏者名:Sabed Khondokar,Abinash Chandra Sheel,Sreedam Das,Akramul Islam

韓国 REPUBLIC OF KOREA 【カヤグム KAYGUM】
日本の琴に似た12弦のチター楽器、2種類のカヤグムあり、小さいカヤグムは民謡の伴奏、シャーマンの儀礼の場面や散調形式の独奏曲などで演奏される。
大きいものは雅楽用のものである。
演奏者名:Members of National Center for Korean Traditional Performing,
Won Han-Ki,Yi Young-Hee,Chung Hoe-Chun
曲目:Ch'imhyangmu(Dance in the Perfume of Aloes),Conyonmanse,Kayagum
sanjo,Arirang

日本 JAPAN 【三味線 SHAMISEN】
3本の絹糸弦と長い棹のリュート属の楽器。
棹は紅木で作られ、3つの部分からなるが、組立後はつなぎ目がないかのように精巧に作られる。
歌舞伎や長唄、民謡などの伴奏のほか独奏でも弾く。
演奏者名:杵屋五三吉 曲目:虫の合方、雪、大薩摩

モンゴル MONGOLIA 【馬頭琴(モリン・ホール)MORIN KHUUR】
古くからある、馬の彫刻が施してある楽器として有名。
馬の尾毛で作られた2本の弦に、同じく馬の尾毛で作られた弓で弾く。
独奏や合奏など広く演奏されている。
演奏者名:Tsogbadrakh,Batchuluun,and others 曲名:Temeen Teshilt

【管楽器】

中国 CHINA 【笙 SHENG】
古代から宮廷音楽の合奏等で用いられてきた。
笙は瓢(ふくべ)の風箱、竹管、リード、胴の帯からなり、全体の形は鳳凰の翼をおさめた姿をイメージしている。
演奏者名:Hu Tian-Quan 曲目:Soaring Phoenix,Fishing Song

ベトナム VIET NAM 【ピー・モット・ラオ PI MOT LAO】
北西部に住むタイ族で演奏されている管楽器。乾燥させた竹で作られ、長さは65−70cm。
この楽器は儀礼の場でのみ使用され、その笛の音は霊魂の世界にいる軍隊を鼓舞するものと信じられている。
演奏者名:Lo Van Tam,Lo Van Pien

ネパール NEPAL 【サハネ SAHANE】
合奏の中で旋律を担当する金属と木からなる管楽器。婚礼などの行事には必ず演奏される。
演奏者名:Thakse sunam,Ram Bahadur,Thule Ram Bahadur Sunam,
Gopi Chhadingal,Sete Sundas,Rabindra Chhadingal,Sano Ram Bahadur sunam,
Putale Guinde and Ramji Sunam
曲目:Badhain,Bibhas,Jhyaure,Khyali,Malshree,Beuli Magne,Dhoon and Aarati

パプアニューギニア PAPUA NEW GUINEA 【ダフッ DAHU'】
ホラ貝。一般的に太平洋では、ホラ貝は合図を送るための道具として使われているが、ブカワ村では大小のホラ貝で編成された楽団があり、賛美歌を演奏している。
演奏者名:Bukawa'Youth Sell Band & the Bukawa'Community
曲目:The Hymn

ラオス LAO P.D.R. 【ヴォド VOD】
ロケット祭りのロケットに形を模した竹で作られる管楽器。
長さ30cmの太い竹の側面にそれぞれ長さの違う細い竹を付ける。
演奏者名:Soon Thone 曲目:Khab Ngeun

マレーシア MALAYSIA 【スルナイ SERUNAI】
影絵芝居(ワヤン・クリッ)や宮廷舞踊などの伴奏(合奏)で中心的な役割を果たしているリード楽器。
外観には森をイメージした彫刻が施され、鮮やかに色づけられている。
演奏者名:Ibrahim Bin Senik 曲目:Asyik

フィリピン PHILIPPINES 【トガリ TONGALI】
北部ルソンに住むカリンガ族で見られる鼻で吹く笛。長さ約45cmの竹を乾燥させて作る。
独奏用で、即興で演奏する。
演奏者名:Benicio Sokkong 曲目:An improvisational prose

【打楽器】

タイ THAILAND 【ラナート・エク RANAD EK】
伝統音楽における打楽器合奏の先頭に立つ楽器。西洋の木琴と同じ原理を持つ。
舟形の共鳴胴に音板(鍵盤)をつるし、先の柔らかいバチと硬いバチを曲や演奏によって使い分ける。
演奏には高度な技術が必要とされる。
演奏者名:tanong Jamvimon and the Piphat Ensemble of the Fine Arts Department
曲目:Krao Nai Hoh

スリランカ SRI LANKA 【デヴォル・ベラヤ DEVOL BERAYA】
南部地方によく見られる太鼓。この楽器は奏者の腰につるされ、常に立って演奏される。
村での儀礼や悪魔祓い等で演奏される。
演奏者名:Sandoris Jayantha 曲目:Magul Bera Bali/Devol/Thovi

モルディブ MALDIVES 【ターラ THAARA】
タンバリンに似た打楽器。12世紀にアラブ商人から伝わったもの。
ターラ伴奏の歌は全てアラビア語で歌われる。枠は椰子の木の幹から作られ、片面にアカエイの皮を張っていたが、現在では入手困難なためウインドサーフィンの帆を使っている。
演奏者名:People of Giraavaru



★VOL.3 アジア・太平洋の楽器3★

【弦楽器】

ブータン BHUTAN 【ダニェン Dranyen】
ブータンで広く使用されている撥弦楽器で、6本の長い弦と1本の短い弦を持つ。
7本の弦は7人の天女の姉妹を表す。
演奏者名:Talop Passa 曲目:Cho Gi Tsa Wa Mi Tsuu

モンゴル MONGOLIA 【トフシュール Tovshuur】
二弦の撥弦楽器で、棹の先にさまざまな動物、特に白鳥の頭が彫刻される。
歌の伴奏や独奏に用いる。
演奏者名:Zulsar 曲目:Altain Magtaal

タイ THAILAND 【ソー・サム・サイ Saw Sam Sai】
18世紀末、王国ラーマ2世がとても好んだ弓奏楽器。珍しい3角形のココナッツの殻を共鳴胴に持つ。
このビデオにはラーマ2世が作曲した曲が収録されている。
演奏者名:Chalerm 曲目:Bulan Loi Luen

ベトナム VIET NAM 【ダン・バウ Dan Bau】
主にヴェト族が奏する一弦琴。竹の棒のバチで弦をはじき、その直後に手の側面でかるく弦に触れてハーモニックス(倍音)を出して演奏する。
演奏者名:Pham Mai Hue 曲目:Nam Ai

マレーシア MALAYSIA 【ガンブス Gambus】
アラブ圏からイスラム教とともにマレーシアに伝わった撥弦楽器。
マレー特有の、文化が融合した音楽やガンブス音楽で用いられる。
アラブ歌謡のガザル合奏ではリーダー的な役割を果たす。
演奏者名:Fadzil Ahmad,Ismail Mohd Lasim,Ismail Soombri,Sukri Kamit,
Halim Mat Hussein,Mutalib Hussein
曲目:Rintik-Rintik Hujan Gerimis

フィリピン PHILIPPINES 【バンドゥリア Bandurria】
スペインの撥弦楽器が、フィリピンに19世紀末に伝えられ独自の形状に変化した。
現在のものは14弦で、民俗舞踊、現代音楽などあらゆるジャンルの演奏に用いられる。
演奏者名:Edna Culig,Lester Demetillo,University of Philippines Rondalla Ensemble
曲目:Curacha,Itik-Itik

カンボジア CAMBODIA 【クラプー Krapeu】
もともとワニの形をしていたので、ワニという意味の単語「クラプー」が楽器の名前となった。
結婚式などの祝いの場の演奏される古典音楽の楽器。
演奏者名:Son Ek 曲目:Bay Khonn

【管楽器】

中国 CHINA 【グァンズ Guanzi】
日本の篳篥と同様のダブル・リードの管楽器。
古い歴史を持ち、宮廷音楽で用いられたが、現代でもこの楽器のために作品が作られている。
演奏者名:Bao Jian 曲目:陽関三畳

イラン IRAN 【ネイ Ney】
古い歴史をもつ7つの節の葦笛。門歯の間に上端部をはさみ、右か左にわずかに傾けて演奏し、尺八に似た音をだす。
演奏者名:Mohamad Ali Kiani Nejad 曲目:Traditional Piece

ラオス LAO P.D.R. 【トッ Tot】
ラオス北部に住むクム族の竹の縦笛。管に2個の指孔があり、息の当て方や喉の使い方で倍音を出す。
演奏者名:Kham Fong 曲名:Khab Tieum

インドネシア INDONESIA 【サロネン Saronen】
マドゥラ島のダブル・リードの管楽器。音色は鋭く甲高い。
この島のガムラン合奏で用いられ、「ガムラン・サロネン」という名で牛祭りの行列などに加わる。
演奏者名:Se Leter,Bunga Seroja 曲目:Lorogan

日本 JAPAN 【能管 Nohkan】
能楽や歌舞伎などの舞台芸能で用いる竹の横笛。
管の内部に短い別の筒がはいっており、その部分が細くなっているので、独特の音色を出す。
演奏者名:藤田六郎兵衛 曲目:序の舞、羯鼓、獅子

韓国 RPEUBLIC OF KOREA 【テーグム Taegum】
宮廷音楽、民俗音楽で使用する黄竹の大型の横笛。
三国時代に新羅で考案された楽器といわれる。薄い膜を孔に張ることで特徴的な音色が出る。
演奏者名:Cho Chang Hun,Seo Yong Seog,Choi U Chil
曲目:Sanyongsans,Sanjo

【打楽器】

インド INDIA 【タブラー Tabla】
一対の鍋形太鼓で、高音を出す右側の太鼓は「タブラー」、左は「バヤン」と呼ばれる。
北インドの声楽、器楽、舞踊の伴奏などに広く用いられる。
演奏者名:Govind Chakravorty,Vijay Sharma,Murad Ali 曲目:Lahara

ネパール NEPAL 【マーダル Madal】
小型の両面太鼓で、左右の面を手で打つ。ネワール族、グルン族の踊りで伝統的に用いられてきた。
カトマンズ盆地や各地の祭りや音楽で演奏。
演奏者名:Khadga Budhamagar,Krishna Gurung,Krishna Gandharya
曲目:Traditional Music(Sorathi,Jhyaure,etc.)

バングラデシュ BANGLADESH 【ドール Dhol】
非常にポピュラーな民俗楽器で、首からベルトで下げて打つ両面太鼓。片面はバチで、もう片面は手で打つ。
民謡や舞踊の伴奏、独奏にも用いられる。
演奏者名:Shafiqul Islam,Nazrul Islam,Kironchandra Roy,Ashutoshu Shill,
M.Mohan Sinha
曲目:Takdum Takdum Bage Bangladeshere Dhol

パプアニューギニア PAPUA NEW GUINEA 【スクヮイメンケ Sukwaimengke】
東部地域で使用される口琴。
男性のみが、ある事を成就させるための儀式(求愛、雨乞い、豊作などの祈祷)でおもに演奏する。
演奏者名:Johannes Oberth 曲名:Song Bilong Planim Kaikai

アジア・太平洋の楽器 VHS全3巻
アジア・太平洋の楽器 VHS全3巻

異なる文化の理解のために

 アジア・太平洋の諸地域には、変化にみちた音楽文化が脈打っている。
自らの音楽を表現するために、それぞれの環境の中にある植物や動物を素材として工夫をこらした楽器を創り出してきた。
その文化を象徴するように、デザインはじめ調弦や演奏の方法などそれぞれ固有な楽器となり、種類や用い方、呼称なども実に多様である。

 このような楽器を対象にした文化を紹介するために、ユネスコ・アジア文化センターによる企画が、まず、アジア・太平洋諸国の音楽専門家によって環境、材質、製作過程、演奏方法など楽器を紹介するために必要と考え内容の検討が重ねられた。
それに従って、それぞれの国あるいは文化の担い手である専門家自らが対象とする楽器を選択し、構成を考え、ビデオを創りあげる。
その映像を各国代表が持ち寄って参加国全体で試写し、異なる文化の子供たちにも理解され易いような要望も出し合いながらまとめられたものである。
第一集、第二集の刊行がつづく中で、内容や映像などの処理も質的に進展し、この第三集ではさらに充実した内容になっている。
各国の持ち時間六分という限られた枠であっても、それぞれの文化を理解する貴重な糸口になるとともに、アジア・太平洋地域の多様な楽器を軸とする文化を比較する上でも適切な資料になっている。

 この楽器のシリーズによって、映像による「アジア・太平洋地域の楽器のエンサイクロペディア」の可能性が、さらに豊かに進展した第三集である。
― 藤井知昭(国立民族学博物館名誉教授/中部高等学術研究所副所長) ― 

アジア・太平洋のユニークな楽器たち

 アイヌの口琴ムックリを知っていますか?口に竹片をあててビヨンビヨンと響かせる面白い楽器です。
それを大型にしたものがパプアニューギニアの東部セピック地方の口琴スクヮイメンゲです。
この楽器はもともと儀式で精霊を呼ぶために用い、必ず自分自身で作らねばならない楽器です。
たとえばある人に恨みがある場合、その恨みをはらしてくれる精霊を呼ぶ儀式をひそかにこの楽器で行うのです。
また、女性の心を自分に引きつける時もこの口琴を用います。
妖術、雨、日照り、嵐、豊作、狩の祈願などあらゆる願い事のために、男性だけが用いるのだそうです。

 さて、この口琴は管弦打のどの種類でしょうか?紐で引っ張るので弦、弁を振動させ、また指を楽器に打ち付けるので打楽器、口の中で共鳴させて響かせるので管?このプロジェクトのために専門家がアジア・太平洋各地から映像をもって集まり、会議で議論しました。
しかし、結局、管弦打の全てを持つ楽器だということに落ち着きました。

 この第3巻ではアジア・太平洋の実に様々な楽器たちが次々に登場します。
三つのコブの特殊なココナッツの殻で胴を作るタイの姿麗しい胡弓ソー・サム・サイ、元はワニの姿だったカンボジアのクラプー、たったの1弦で滑らかな旋律を出すヴェトナムのダン・バウ、華やかに飾られた牛の行列の伴奏をするインドネシア・マドゥラ島のサロネン、物語歌の伴奏をする白鳥の頭つきモンゴルの弦楽器トフシュールは、演奏する時には必ず帽子をかぶらなければなりません。
管の中にもう一本細い竹管の「ノド」を入れて作る日本の能管、管の両側にミゾにある双骨竹の韓国の横笛テーグムには、特殊な竹の伝説があります。

 このように楽器の世界は奥が深く、その楽器が誰によって、どのような伝説をもち今を生きているか知ることは、知的好奇心をおおいに呼び覚ましてくれるでしょう。
― 小柴はるみ(東海大学教授) ―



アジア・太平洋の楽器 VHS全3巻

VOL.1[VHS]110分


※販売価格は税込価格です。


VOL.2[VHS]102分


※販売価格は税込価格です。


VOL.3[VHS]116分

申し訳ございません。この商品完売しました。
※VOL.1 と VOL.2は、在庫がございます。
在庫完売は、VOL.3[VHS]のみです。

 
数量

(各巻豪華カートンボックス入り、別冊解説書付)