日本の話芸 特撰集 DVD全6巻 平凡の友



日本の話芸 特撰集 DVD全6巻


「落語の友」は、
こちらをクリックしてください。


「日本伝統芸能の友」は、
こちらをクリックしてください。


「日本民俗音楽の友」は、
こちらをクリックしてください。


「学校教材の友」は、
こちらをクリックしてください。



日本の話芸

日本の話芸 特撰集

〜ことば一筋、話芸の名手たちの競演会〜

日本伝統芸能の集大成が、いまここに
番組放送開始15周年記念
数々の特撰・名演目がDVDに収録

DVD全6巻(BOX)


「SOLD OUT」


単品(1〜6)各巻

単品のカートは下記のそれぞれの各巻ごとにございます。
日本作品/カラー/4:3スタンダード/片面二層/
モノラル(ドルビーデジタル)/各約112分(28分×4)



◇落語編・一◇ 日本の話芸

九代目 春風亭小柳枝 『八五郎出世』

お屋敷に奉公したおつるに、殿様のお手がついて男子出産。
おつるは一躍〈側室〉に。おつるの兄で職人の八五郎、殿様にお目どおりを許され、舞い上がってしまう。
本来は、「妾馬(めかけうま)」という噺の前段。
〔1994年9月5日〕

二代目 古今亭圓菊 『富久』

旦那をしくじった、しがない幇間の久蔵が、なけなしの金をはたいて富札を買った。
それがなんと大当たり。ところが、家が火事になり、当り籤は家の中…人生の浮き沈みに翻弄される幇間の悲哀を描く。
〔1993年12月26日〕

九代目 入船亭扇橋 『文七元結』

腕のいい左官職人なのだが、博打の借金で首が回らない長兵衛。
娘が身を売って作った50両の金を吉原・佐野槌の女将から受け取る。
その帰り道、長兵衛は川に身を投げようとしている若者を助けるのだが…。
〔1995年2月5日〕

六代目 三遊亭圓窓 『帯久』

江戸本町に二軒の呉服屋があった。「和泉屋」の与兵衛は人柄も良く、店も大繁盛。
「帯屋」の久七(通称“帯久”)は陰険な男で、“売れず屋”と渾名されるほどの商売不振。
ところが、ある時を境に両者の立場が逆転。訴訟事件となり大岡越前守が見事に裁く。人情噺。
〔1995年12月1日〕

落語編・一


「SOLD OUT」


◇落語編・二◇ 日本の話芸

二代目 桂 文朝 『紙入れ』

気のいい旦那としっかり者の女房。そこに出入りしている新吉が女房といい仲になってしまった。
ある晩、新吉は旦那の留守にあがりこんで、いちゃついていると突然、旦那が帰って来た。
女房の手引きでなんとか逃げ出した新吉だが、紙入れを置き忘れたことに気かつく。
〔1993年9月19日〕

五代目 春風亭柳昇 『与太郎戦記〜戦場にかける恋』

戦争も日本の配色濃厚になった頃。秋本伍長(柳昇)は対空対戦業務を命じられる。
15人の部下を引き連れ、貨物船の警備をしながら上海に向かう。
雲霞のごとく攻め寄せてくるアメリカ軍戦闘機に花火の打ち上げ(?)で対抗する秋本伍長の涙と笑いの戦闘記。
〔1992年10月2日〕

三笑亭夢楽 『三方一両損』

左官職人の金太郎が財布を拾った。中に3両の金と印鑑がはいっていた。
金太郎は落とし主の大工吉五郎に届けるが吉五郎は頑として受け取らない。
気の短い職人同士。たちまち大喧嘩になる。金に淡白な江戸っ子気質を大岡越前が粋に裁く。
〔1991年4月12日〕

十代目 桂 文治 『禁酒番屋』

殿様が禁酒の令を出した。屋敷門の脇に番屋を設け、通る者を厳しく取り調べるようになった。
一方、酒飲みの家来はこっそり酒屋に配達を頼む。
何とか注文された酒を御門内に届けようとする酒屋の番頭たちと意地でも阻止しようとする番屋の役人の攻防戦。
〔1992年12月4日〕

落語編・二


「SOLD OUT」


◇落語編・三◇ 日本の話芸

三代目 柳家権太楼 『火焔太鼓』

我楽多の品ばかり仕入れて、儲からない商売をしている道具屋の甚兵衛。
いつもおかみさんから小言を言われている。ある日、汚い太鼓の埃を掃っていると、通りがかった侍が店に入ってきた。
「その太鼓を屋敷に届けよ」と言う。おっかなびっくり屋敷に出向く甚兵衛だが…。
〔1995年10月6日〕

林家木久蔵 『林家彦六伝』

もともとは漫画家になりたかった木久蔵少年。
当時河童の漫画で有名だった清水昆に弟子入りしたが、落語家の道をすすめられ、結局林家彦六に弟子入りする。
彦六を尊敬する木久蔵が、しみじみ、ほのぼの語る人間彦六伝。
〔1992年11月13日〕

三遊亭小遊三 『崇徳院』

大店の若旦那が恋煩いで寝込んでしまった。上野の観音様をお参りした時、出会った娘にひと目惚れしたらしい。
若旦那の幼馴の熊公が呼び出された。百人一首崇徳院の句を手がかりに、うぶな若旦那の恋心を成就させるために熊公が相手探しに奔走する噺。
〔1992年7月24日〕

桂 歌丸 『質屋庫』

長屋の熊公のところに、使いの丁稚がやって来る。「何だか旦那が怒ってるみたいだよ。すぐ来いって」思い当ることばかりの熊公。
旦那の前で蔵から酒樽を失敬したことなど悪事の総てをばらしてしまうが用件は違った。三番庫のおばけを退治してくれないかと頼まれる。
〔1992年3月27日〕

落語編・三


「SOLD OUT」


◇落語編・四◇ 日本の話芸

五代目 鈴々舎馬風 『猫の災難』

八五郎が隣家から大きな鯛をもらった。と言っても胴体は骨ばかりだが、頭と尻尾は立派なもの。
すり鉢をかぶせて置くと、見事な大振りな鯛に見える。そこに熊さんがやってきて勘違い。
酒を買いに走り出した。五合の酒を買って熊さんが戻ってくると…
〔1994年6月12日〕

三遊亭圓丈 『名古屋版 金明竹』

旦那に店番を言いつけられた与太郎。そこに加賀屋から使いの者がやって来た。
使者がこてこての名古屋弁まくし立てるため、まるで理解不能。
面白がる与太郎。同じ口上を何度も言わされ、使者は怒って帰ってしまう。
本来は大阪弁で語られる噺だが、今回は円丈が得意の名古屋弁で熱演する。
〔1995年12月15日〕

八代目 橘家圓蔵 『船徳』

勘当されて行きつけの船宿に居候している若旦那・徳兵衛が、粋でいなせな船頭になりたいと言いだす。
ある日、酔狂な客が徳兵衛を船頭に指名した。「棹は三年、櫓は三月」。舟はそう簡単には操れない。
道楽の挙句に勘当された若旦那の額に汗するいじらしくも、滑稽な姿を描く。
〔1993年7月25日〕

三代目 三遊亭遊三 『長屋の花見』

貧乏長屋の面々が大家に呼び出された。店賃の催促かと浮き足立つが、違った。
景気付けに花見に繰り出そうという。酒と肴はもう準備してあった。俄然、勢いがよくなる連中。
ところが一升瓶の中味は番茶を薄めたもの。「長屋中、歯を食いしばる花見かな」
〔1994年4月24日〕

落語編・四


「SOLD OUT」


◇浪曲編◇ 日本の話芸

太田英夫(現・東家浦太郎) 『王将一代』

坂田三吉が故郷堺で素人将棋の王者であった頃、本職の関根金次郎3段に惨敗し、面目丸つぶれになった。
屈辱を糧に“どうしても関根に勝ったる”を合言葉にプロ棋士を目指す坂田三吉。
女房小春と艱難辛苦の二人三脚がはじまる。坂田三吉、男じゃないか、見せろ勝負のど根性。
〔1992年8月28日〕

東家浦太郎 『野狐三次より“兄妹”』

野狐三次は鳶職の頭。弱者の悩みを解決してくれる親分でもある。
火事と喧嘩は江戸の華。弱きを助け、強きを挫く。いろは48組、中でも“に組み”の纏持ち。
江戸に咲いた勇み肌。背中に入れた彫り物が、あだ名となった野狐三次の物語。
〔1992年10月23日〕

二代目 玉川福太郎 『陸奥間違い』

大晦日。30俵扶持の小役人、穴山小左衛門。30両の金が必要になった。
奉公人の仙助に借金の申し入れ状を持たせ、松野陸奥守の屋敷に向かわせた。
松野は今では300石扶持の大身ではあるが、もとは穴山と同じ台所役人の出身なのだ。
ところが仙助とんでもない間違えを仕出かしてしまう…
〔1991年8月2日〕

三代目 玉川勝太郎 『天保水滸伝より“鹿島の棒祭”』

北辰一刀流、千葉周作の門弟で平手造酒。師匠に勝る腕があったという。
その平手、酒癖の悪さ故に道場は破門。流れ流れて下総のやくざ笹川繁蔵一家の用心棒に身を落としている。
利根の川風袂にいれて…お馴染み酒乱にしてニヒルな剣豪、平手造酒の物語。
〔1991年7月5日〕

浪曲編


「SOLD OUT」


◇講談編◇ 日本の話芸

六代目 小金井芦州 『笹の権左 道場破り』

紀州和歌山藩士で槍の名手、笹の権三郎が三年半の暇をもらって、武者修業に出る。
旅の途中、備中岡山藩の重役、浜田六郎衛門の下郎権平になりすまし、悪名高い槍の指南役、長谷川新六郎、新八郎兄弟を退治する。
槍の権左、笹の名槍伝のうち、道場破り読み切りの一席。
〔1992年7月17日〕

六代目 神田伯龍 『小猿七之助』

男は女に惚れられて、道、白浪にはまり込む。男は浅草山谷堀り、小船乗りの船頭七之助。
すばしっこいので小猿の渾名。女は浅草広小路の芸者お滝。“ひとり船頭、ひとり芸者”のご法度を破って、七之助の漕ぐ舟が真っ暗な大川を進んで行く。
永代橋にさしかかった時、突然橋の上から飛び降りた者がいる…
〔1992年6月5日〕

六代目 宝井馬金 『川中島の合戦』

越後の上杉謙信と甲斐の武田信玄。群雄割拠の戦国時代にあって屈指のライバルであった。両者は11年に5回の大きな戦いをした。
ある日、将軍足利義輝の命により和睦交渉が川中島で行われようとした矢先、信玄の無作法、謙信の短気に端を発し、両者の和談は破れてしまう。和談破れの一席。
〔1993年4月25日〕

六代目 一龍斎貞水 『百万両の入船』

暴風雨が続き、江戸にみかんが入ってこない。値段は高騰する一方。
貧乏業平と渾名される紀伊国屋文左衛門が、生涯一度の賭けにでる。
命知らずの船頭・土佐衛門の仙八たちを仲間に引き入れ、暴風雨の荒海をぼろ船・明神丸で紀州和歌山から江戸にみかんを運び込んだ。
これには江戸っ子たちも熱狂したのだった。紀伊国屋文左衛門の命がけの商魂を、人間国宝・一龍斎貞水が語りきる。
〔1995年5月26日〕

講談編


「SOLD OUT」





日本の話芸 特撰集

日本の話芸

DVD全6巻(BOX)


「SOLD OUT」


単品(1〜6)各巻
単品のカートは上記のそれぞれの各巻ごとにございます。


「平凡の友」「平凡の友社」は、安心の全商品「税込価格」表示です。

★商品ご購入は、信頼の「co.jp」のドメイン名の会社でのご購入をお薦めいたします。
「co.jp」ドメイン名は、97%の上場企業に選ばれ、82%の方が、「信用して取引したい取引先候補のドメイン名」として選ばれているサイトです。
平凡社    heibonsha.co.jp
平凡の友社 heibonnotomo.co.jp
平凡の友  heibonnotomo.jp



昭和・歌謡曲・話芸の世界

六代目 笑福亭松鶴 セレクト2

六代目 笑福亭松鶴 セレクト1

十代目 金原亭馬生 セレクト

八代目 林家正蔵 セレクト

三代目 三遊亭金馬 セレクト

八代目 桂文樂 セレクト

五代目 柳家小さん セレクト

六代目 三遊亭圓生 セレクト

五代目 古今亭志ん生・セレクト2

五代目 古今亭志ん生・セレクト1

深川倫雄和上のお説教

発掘 祖父江省念師 真宗講座DVD

花岡大学講話

節段説教 浄土真宗護法録

CD 祖父江省念 珠玉の節談説教

フランク永井大全集

朗読・宮城道雄随筆集4 CD全2巻

朗読・宮城道雄随筆集3 CD全4巻

DVD みんなちがって、みんないい 21世紀のまなざし 金子みすゞ 矢崎節夫講演会

DVD 節談説教 報恩講

CD 小沢昭一・シリーズ秘蔵の3作品

激動の昭和史

現代ビデオ法話シリーズ

DVD 小沢 昭一の「新日本の放浪芸」〜訪ねて韓国・インドまで

CD 続・人間万葉歌 阿久悠作詞集

DVD 英語落語 CD 英語落語

CD Ann Lewis ANNIES BOX (アン・ルイス)

人間万葉歌(にんげんまんよううた)〜阿久悠作詞集

チェリッシュ ベスト・コレクション CD全5枚組

松尾和子 CD-BOX CD全5枚組

梓みちよ CD-BOX CD全5枚組

ステレオによる フランク永井のすべて CD5枚組

吉田正メモリアルコレクション CD全10枚組

懐かしの昭和

ぬくもりの昭和三十年代 「懐かし写真館」 DVD

回想法のための写真集 全10巻+別巻2

『朝日ニュース映画』で見る昭和 DVD全8巻

阿久悠大全集(あくゆうだいぜんしゅう) CD14枚組

高橋真梨子大全集 CD12枚組 CD

吉永小百合全集(よしながさゆりぜんしゅう) CD6枚組

園まり CD・BOX CD5枚組 CD

八神純子(やがみじゅんこ) CD・BOX CD5枚組

ザッツ・ワタナベ 20th CD4枚組

ザ・タイガース CD・BOX CD5枚組

あのとき・あの唄・流行歌 CD5枚組

アグネス・チャン CD-BOX CD全6枚組

伊東ゆかり CD・BOX CD5枚組

小柳ルミ子 CD・BOX CD6枚組

Blues AOE 青江三奈全集 CD全6枚組

青春歌謡大全集 CD全5枚組

聞いて唄って 思い出・青春ヒットパレード CD5枚組

夢の競演 今夜はふたりで歌おじゃないか! CD5枚組

日本の話芸 特撰集 DVD全6巻

DVD 吟撰 ビクター落語会

ビクター落語 上方編 CD全56巻

ビクター落語 江戸編 CD全75巻

ビクター落語 「名人十八番集」と「上方はなし」

ビクター落語

朗読・宮城道雄随筆集 CD全4巻

竹本住大夫の世界

CD あああ歎異抄

サウンド文学館「パルナス」 CD全60枚

節談説教布教大会 全記録 全2巻 DVD5枚組

CD 小沢昭一の日本の放浪芸


平凡の友メニュー

サイト内検索


お勧め商品メニュー

このサイトについて